美容室の経費は年間1000万円削減可能!

こんにちは、美容師のoooです。

今回は、美容室の経費に関する、お話です。

サロンを経営する上で、経費は、結構かかります。

売上に対しての経費のバランスが取れているのかで、利益が変わってきます。

毎月の主な経費としては、
家賃、材料代、人件費、広告宣伝費、

美容室を経営する上では、この4つが、大きな、費用になりますね。

すでにサロンを経営している場合には、経費として、

削る事が、できるのは、材料代と人件費と広告宣伝費です。

順に説明していきます。

年間利益300万円増やす材料費削減方法!美容室の売り上げが伸びても利益が出ない原因として考えられるのが、広告費、人件費、光熱費、家賃、材料費となっており、これらの費用が売り上げに対して多すぎると、利益が得られません。

ただ、削減しようにも、光熱費や家賃は削減しようがなく、広告費や人件費を削減してしまうと、新規集客と売り上げが落ちてしまうため、徐々にジリ貧になり利益を増やすどころか減ってしまいます。

そんな中、唯一、経費削減しても影響の出ないのが、材料費です。材料をいかに安く仕入れ、使用するのかによって、利益は大幅に変わってきます。私の経営する美容室では、年間300万円の材料費削減に成功しています。

期間限定9,800円⇒4,980円>続きを読む

材料代の削減

美容室の営業では、カット以外は、全て薬剤などの材料を使用しますね。

大型店舗やチェーン店などでは、材料代を格安で仕入れる事が出来るけど、

個人店で一店舗のみのサロンは、材料代は安く仕入れる事ができていません。

一般のサロンは、仕入れ価格を知らないので、仕入れている価格が、

普通だと思って、いるかも知れませんが、実際には、違います。

 

では、一般サロンは、安く仕入れる事が出来ないのか?

答えは、仕入れられます。

人件費の削減

サロンの売上を上げるためには、

スタッフの存在は、必要不可欠ですね。

お客様に満足して頂けるサービスを提供するために、

スタッフに働いて貰って、感謝すべきだと思うのですが、

辞めて、人が足りなくなると、困るから多めに人を雇っていませんか?

人を雇う事で、利益を出す事よりも、売上を上げる事が目的になっていないでしょうか?

経費がかさむと、その分、売上を上げる必要があり、

それには、人を雇って、働いて貰わないと、売上が上がらない、

この、悪循環は、正直、無駄ですよね。

常に求人募集をかけて、求人掲載費用も大きな額になりますよね。

もしも、色々な経費を抑える事ができたら、

人を多めに雇わなくても、サロンの経営は、できますよ。

美容室の規模にもよりますが、本当に必要な人数を割り出す事で、

人件費と求人掲載費用も年間どれ位削減できるのかを計算してみて下さい。

大広のエクセルイオという、美容機器があるのですが、それを使えば、

髪を乾かすのに、スタッフは、余り必要ないです。

何もできない、新人を雇うよりも、有能で、ロングヘアーでも髪を乾かす事が出来ます。

サロン内の動きを効率よくすると、実際には、スタッフがそんなに必要ない場合もあるので、

本当に信頼できるスタッフとサロンを経営して下さい。

広告宣伝費の削減

以前も、ホットペッパービューティーの効果的な活用法!広告費をかけずに集客!お話ししたのですが、

今回お伝えしたいのは、ある程度、

今まで、集客ができていて、顧客のベースがあり、

あらゆる経費を削減できた場合には、

広告宣伝費をかける必要は、ないと思っています。

全くかけないわけではなく、ホットペッパービューティーに掲載している場合には、

ネットの掲載プランを下げてもいいのと、

その分、自社のサイトを構築して、集客する方が、メリットがありますよ。

サーバーを借りて、ワードプレスで簡単に作る事ができるので、

費用を余りかけずに、新たな集客方法を試す事が出来ます。

美容室のホームページには簡単にサイトが作れる
テンプレートを使っています。
SEO(検索)に強く、
編集も簡単にする事が出来ます。

美容室向けのおしゃれでデザイン性の優れたテンプレートを3つ紹介しておきます。
WordPressテーマ「SKIN(TCD046)」

WordPressテーマ「STORY (TCD041)」

WordPressテーマ「LOTUS (TCD039)」
ワードプレスでサイトを作るのであれば上記の3つがお勧めです。こちらのテンプレートはデザイン性に優れているので、業者に頼むよりも優れたサイトを簡単に制作できます。デモサイトが確認できるので一度確かめてみてください。

 

広告宣伝費をかけるのも、その費用を払うために、集客しているサロンも多いですね。

結果として、その費用は、無駄で、年間にどれ位の費用を支払っているのか、

費用をかけて、集客する事は、簡単なのですが、

長くサロンを経営していくのであれば、費用を抑えて、集客する方法を考えた方が、賢いです。

 

あらゆる経費を支払うために、より多くの、経費を支払っているサロンも多いです。

無駄を省く事で、売上が上がらなくても、利益を上げる事は、できるので、

もう一度、サロンに掛かる経費について、自分サロンに合った方法を考えてみて下さい。


年間利益300万円増やす材料費削減方法!美容室の売り上げが伸びても利益が出ない原因として考えられるのが、広告費、人件費、光熱費、家賃、材料費となっており、これらの費用が売り上げに対して多すぎると、利益が得られません。

ただ、削減しようにも、光熱費や家賃は削減しようがなく、広告費や人件費を削減してしまうと、新規集客と売り上げが落ちてしまうため、徐々にジリ貧になり利益を増やすどころか減ってしまいます。

そんな中、唯一、経費削減しても影響の出ないのが、材料費です。材料をいかに安く仕入れ、使用するのかによって、利益は大幅に変わってきます。私の経営する美容室では、年間300万円の材料費削減に成功しています。

期間限定9,800円⇒4,980円>続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です